« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

平成21年度 後援会総会

平成21年4月25日 道徳道場において

本年度の「後援会」総会が開かれました。
Photo002_2

会長はじめ、後援会役員の方々に出席いただき
昨年度の実績報告と決算報告ならびに、本年度の行事予定予算の
審議をしていただき、本年度も昨年同様の物心両面からの後援をいただけることになりました。

後援会の皆様のご協力に応えられるよう、選手ともども指導者も努力してまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

一心院道場春期錬成会

4月11日茨城県大洗総合体育館において開催された
「一心院道場春期錬成会」に参加してきました。

新年度がスタートして新チームとしてのぞむ初めての錬成会(試合)で、
監督、選手とも手探り状態でしたが、関東をはじめとする強豪道場と剣を交えることのできる貴重な機会をいただき一心院道場をはじめ関係各者の方々に感謝申し上げます。

富剣は
低学年の部1チーム
西原悠太、西原佑季、坂本遥香、佐藤愛唯、堀川佳乃、渡辺茉優

高学年の部2チーム
佐藤直哉、原慧士郎、高木将吾、坂本一真、倉嶋倫子、
堀川堅太、渡辺菜緒、佐藤愛実、後藤洸亮、工藤朋也

中学生の部1チーム
佐藤大希、高木真由、原聡太郎、佐藤智康、猪狩亜季 佐藤颯太郎佐藤愛恵、原田豪、工藤美沙、荒井陸、横山佳輝で参加し、

それぞれ午前8試合、午後8試合(低学年4試合)、計16試合(低学年は14試合)行ってきました。

低学年チームは少し前までは試合をするたびに、打たれて泣いて、転ばされてないて、疲れて泣いて、していたちびっ子軍団も何とか試合らしくなってきてそれぞれ勝利の味も少しずつ味わうことができました。

高学年Aチームは14勝1敗1分けと大きく勝ち越すことができ(出来過ぎ?今年度もそこそこ活躍できる?)などといったことを感じさせてくれる内容でした。Bチームは「元気よく、前に!」を目標に試合にのぞみ、後半は少しずつ自分から前に出て打つことができるようになってきました。

中学生は午前中ふがいない内容で啓憲先生に気合いを入れられ、午後からは中学生としての自覚を持って取り組むことができました。それぞれ良かった点、課題となる点があらためて年度はじめに確認できたことと思います。

今年度も1年間しっかりとした基本を身につけ、良い成績も残せるように頑張りを期待します。
特に新6年生、新中学3年生にはそれぞれ自覚を持って取り組んでほしいと思います。

試合の結果は
低学年          勝 敗 分け  詳細は後ほど・・
高学年  Aチーム 14勝1敗1分け
      Bチーム  6勝10敗
中学生          勝  敗 分け 詳細は後ほど・・

参加道場
尚道館(静岡)   蔵の街剣志会(栃木)
昭島中央剣友会(東京)  久里浜剣友会(神奈川)
筑紫館(埼玉県)  解脱錬心館(埼玉)
柏武道館(千葉)  茂原武道館(千葉)
館林赤羽剣友会(群馬)  沼田剣桜会(群馬)
(財)勝田若葉会(茨城)  いばらき少年剣友会(茨城)
俊水館(茨城)  
尚武館一森山(宮城)  あらた道場(宮城)
揚土剣友会(福島)  御厩剣友会(福島)
富岡町少年剣道団(福島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

夜ノ森の夜桜見学

平成21年4月10日 今日の稽古は、勉先生、啓憲先生の計らいで、

夜ノ森の「夜桜見学と500円のお小遣い」に決定

7時まで勉先生のお話と素振りの後、全員でバスに乗り込み、いざ夜ノ森へ!!

Photo002

しばしの夜桜を見学した後、お楽しみの「500えん」

全員出掛けに勉先生より500えんづついただき
公園にある出店で、それぞれお買いもの(^o^)

Photo006

Photo003

Photo004

Photo005

Photo008

Photo009

明日は、6時30分出発で、茨城県の稽古会へ。
今日の分も充分に稽古できるので、
精一杯頑張ろう( v^-゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

第48回全国選抜少年剣道合同合宿練成会で学んだこと

平成21年4月1日から4日まで、佐藤大希君が

第48回全国選抜少年剣道合同合宿練成会

に、福島県代表として参加してきました。

その講義の一文を紹介します。

剣道の理念    昭和50年3月20日制定

剣道は理法の修練による人間形成の道である

1、剣 :この一字が入った。剣を交えての勝負には、やり直しが利かない。
     
剣の位置づけ:竹刀は日本刀という観念で、刀の切りあいとしてではなく、剣の精神を残す。

2、理法:深く解釈する。  刀法-正確な打突

                心法-充実した規制

                身法-適正なる姿勢

3、理法の修練 :上の三法を、三摩之位で、百錬自得すること。

        柳生流-三摩之位

        「習」習うこと
        「工」:工夫すること
        「錬」:鍛錬すること

 ①「習」は、良き師について学ぶこと。古人の遺された金玉の教えを充分能く、習うことを当先の業とする。始祖の正しい教え。

 ②「工」は、最もこの工夫することに専念するものである。自己の発展のために工夫が大切である。自分の心中に求める修行。

 ③「錬」は、稽古の数を掛けて、その習い、覚えたるところを充分に稽古するものである。自己の血肉と化するために千鍛万錬の稽古が大事である。


4、形成:低いほうから、徐々に高いところに登っていく意味で形成の意味を使った。 完成では留まってしまう。  一歩一歩進めていく。

上記のような講義のほか、講師先生、また全国から集まった講習生との稽古で、ひとまわり、精神的に立派になって、佐藤大希が帰ってまいりました。この講習会で学んだことを今後の生活に活かし立派な人間に育ってほしいです。 ごくろうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

「はまッチ!」 放送決定

テレビユー福島 「はまッチ!」の取材を受け、4月4日夕方18:25より放送決定!!

団員も啓憲先生も、取材にワクワク

見慣れない撮影機材に興味津々

Photo001_3

放送は、夕方6時25分から。 

時間間違わずに見てね(゚ー゚)

放送時間も限られてるから、見逃さないでね

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »