« 「気くばり」とは? | トップページ | 35期生初稽古着(^o^) »

2006年8月18日 (金)

シナジー効果について

 シナジー効果について、先生よりお話がありました。

先日の丹羽旗の大会で小学生が頑張って準優勝した。今まで勝てなかったがここ短期間で勝てる機会が多くなってきたのはなぜか?勉先生が、スポーツの雑誌をいろいろ探して、この「シナジー効果」を見つけ、団員に説明された。

 2の力と3の力を持った人が力をあわせれば、通常は5になります。
しかし、相乗効果が起こると、2+3が10にも100にもなることがあります。
 これは、シナジー効果と呼ばれています。

この効果が現れるのは、

・個々のメンバーが目的に対して心を一つにしている時。
・個々のメンバー同士がお互いを信頼して行動を起こす時。
・個々のメンバーがお互いに与え合う関係の時。
 です。

各団で活動目的、目標などを定めます。
目標を決めるにはよく話し合い「他人から押し付けられた目標だ」という感覚をはやく脱して、「これは自分が作った目標だ」心に刻み込むことです。

そのためにも、目標を定めるときにはまず話し合いをする事が大切です。

自分だけはいいだろう、という甘えは相乗効果には対敵です。

シナジー効果が現れるよう、目標に向かって心を一致させましょう。

|

« 「気くばり」とは? | トップページ | 35期生初稽古着(^o^) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シナジー効果について:

« 「気くばり」とは? | トップページ | 35期生初稽古着(^o^) »