« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月13日 (月)

松本先生・大塚先生おめでとう

 平成18年3月11日(土) 富岡町パレス華の樹において、

【松本広行先生・大塚文洋先生 剣道六段昇段祝賀会】

が、楢葉町少年剣道団保護者、富岡町少年剣道団保護者、各剣友会、並びに相双地区、及び県内より両先生のお祝いにおいでくださった先生方、127名にて盛大に開催されました。

 今回の祝賀会は、昨年11月に東京会場において行われた審査会において、見事六段に合格された両先生を楢葉、富岡合同でお祝いしよう。ということから開催されました。

発起人の 楢葉町剣友会の矢内先生の挨拶の後、久保克己先生より剣道六段の免状伝達がおこなわれ、新六段の両先生にこれからあらためて、努力されるよう激励の言葉を頂きました。

 乾杯の音頭を 渡辺秀昭先生に声高らかに御発声いただき、祝宴となりました。

和やかな祝宴のうちに、時間の経つのも忘れ、気づくと万歳三唱、閉式となっていました。

途中、富岡町剣友会の余興や、ビンゴも行い、楽しいひと時を過ごしました。

 松本先生・大塚先生 あらためて、「おめでとうございます」 今後も、剣友会、少年団の発展のためにご活躍を御祈念申し上げます。

photo001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

平成17年度 卒団式

 平成18年3月4日(土) 富岡町スポーツ交流館において、

平成17年度 富岡町少年剣道団 卒団式が行われました。

本年度は、中学3年生 1名 白岩千代香が卒団となりました。

例年どおり、団より記念の卒団生の写真パネルを贈呈しました。

卒団生の白岩さんからは、遠征時に着用できるジャンパーを寄贈していただきました。

会長の勉先生より、「3つの幸せ」についてお話があり、今回卒団する千代香に、

今まで教えてもらった「もらう」幸せ、そして剣道が出来るようになった「できる」しあわせをもらってきた。ここまでは、だれでもできる幸せだ。千代香には、さらに「あげる」しあわせ、を味わって欲しい。それは、高校にいっても、時間を見て、後輩のために道場にきて、頭をさげて、後輩に打たせ、幸せを感じて欲しい。とお話されました。

卒団生の千代香より、卒団あいさつがあり、自分の想いに涙ぐんでいました。

最後に、後輩たちの卒団トンネルにて送ってもらい、式を終了しました。

団長 白岩千代香 同級生のいない学年でしたが最後まで継続し、後輩たちの面倒を見ながら頑張ってきたことに、感謝したいと思います。今後も、良き先輩として後輩たちの指導にあたって欲しいと思います。

photo001

photo002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »