« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月30日 (火)

「忍耐」を知る

合宿2日目

教育の神様・森 信三先生に学ぶ。

   「忍耐」を知る

解釈:森 信三先生「忍耐」の意味を下記のように教えておられます。

感情を露骨に表さないようにする。特に怒りの情を表さないように努めるという、「堪忍」(かんにん)方面と、もうひとつは、苦しみのために打ちひしがれていないで、いかに永い歳月がかかろうとも一旦立てた目的は、どうしても、これを実現せんば已まぬという 「陰忍」方面とです。  「陰忍」とは、じっと我慢すること、つらさを表に表さずにこらえること。

 つらさから逃げずに、頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

言貶意揚

 先週(8/22~27)まで大熊町総合体育館で、流通経済大学剣道部の合宿(高梨先生監督)が実施されました。昨年は、富岡町で合宿されましたが、今年は合同合宿(土浦日大高校、他)の参加人数が多く、会場の規模から大熊町で実施となったそうです。

例年の事ですが、合宿者に対する心構えや、意気込みについて 勉先生が昼食の掛け紙で教えていました。その一部をご紹介します。

合宿 1日目

   「言貶意揚 (ごんべによう)を知る

   解釈:言葉で叱り、貶(けな)しながら、

              心の中では、教え子達の健全な成長を願っている。

・今日から特別稽古(合宿稽古・寒稽古・暑中稽古・遠征稽古・立ち切り稽古)のスタートですね。

監督や先輩に、叱られ貶されて、心技の成長が必ず向上します。

     努力を怠らず、一歩一歩を着実に前進しましょう!

最近、指導者の振る舞いで報道されていることがありましたが、

   「言貶意揚」を理解したいですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月21日 (日)

会津は暑い!!

平成17年8月20日(土)21日〈日)にあいづ総合体育館に試合遠征に行って着ました。

20日は小学生の東日本大会 先鋒:佐藤智康、次鋒:石橋勇気、中堅:高木光太郎、副将:荒井 陸、大将:石橋英気 補員:原聡太郎で出場

1回戦、2回戦と、順調に勝ち進みましたが、3回戦に伊南武道館と対戦し、

先鋒:0-2負け

次鋒:1-2負け

中堅:0-0引き分け

副将:0-0引き分け

大将:2-0勝ち で  1勝2敗2引き分けで敗退

試合後、監督の坂本先生と勉先生から、チームとしての自分の役割について指導していただいた。同じ失敗を繰り返さないように、特に注意された。

2年前に先輩の作文に「お前たちは自分の役割が分かっていない。だから負けたんだ。」という、言葉を思い出した。 

「お前たちは、先輩の反省が分かっていない。だから勝てないんだ」と、私も思った。

負けたら、悔しがってほしい。我慢しても、流れるくやし涙を見せてほしい。

小学生の部 決勝まで観戦後、団員、保護者は会場で解散。会津に自宅を持つ保護者宅に宿泊、会津観光。また前に住んでいた田島に訪れる方も。今回は特別に現地解散。

尚、指導者の先生方は、明日開催される、第41回和田旗剣道大会出場のため、会津宿泊。

先生方も、例年通り小学生の大会終了後、一般の稽古会に参加し、夕方は会津名物の馬刺しを食べ、明日の試合に向け馬力をつけました。  その後ちょっとお出かけし、もう少しパワーをつけてきました。

翌、21日〈日〉は、

富岡町剣友会A 先鋒:渡辺弘毅、中堅:柳沼貴司、大将:斉藤高弘

富岡町剣友会B 先鋒:佐藤正人、中堅:坂本高広、大将:佐藤吉雄

の2チーム出場。結果は、Aチーム 1回戦敗退  Bチーム2回戦敗退 でした。

同じ郡内の広野チームは、前日からの小中学生や保護者の応援を受け、ベスト8まで勝ち進んでいました。また、その広野の橋本乃美先生が剣道六段審査に合格との連絡もあり、とても盛り上がりました。

あついあつい、会津でしたが、もっと試合で暑くなりたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

おかえり、伊藤家!!

今日の稽古に昨年7月に東京に引越しされた、伊藤家が夏休みを利用して、富岡町に遊びに来てくれました。伊藤母と星恵良(せえら)良瑠風(らるふ)星詩瑠(せしる)の3姉兄妹の4人

星恵良は久しぶりに富少剣の稽古に合流しました。良瑠風、星詩瑠は基本の復習をちょっと稽古し、見学。

お母さんは、昨年まで一緒に活動していたお母さん方と、少しの時間ですが懇親会を設け、久しぶりの再開に会話も弾んだようです。photo003

明日も、星恵良は稽古に参加してくれるそうです。一回り立派になった、伊藤家のみんな

これからもがんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

体験作文発表者決定!!

本年度の、道場連盟主催の剣道体験作文発表、福島県予選会が9月4日(日)富岡町スポーツ交流館で開催されます。

例年、団員全員に作文を書いてもらい優秀者が代表として県大会に参加。本年も全員に作文を書いてもらいました。多少締め切り期限が過ぎてから持ってきた団員もいましたが、みんな、それぞれに思いを作文してました。勉先生も全員の作文を読まれたそうで、とても感激されていました。自分の教えている事、伝えたい事が作文の所々に書かれていて、「これからももっと勉強していかねば。」と、おっしゃっていました。

と、いうことで、本年度 富岡町少年剣道団代表者は

小学生の部 荒井 陸 (小学5年)

中学生の部 白岩千代香(中学3年)  に決定!!

さて、発表会まであと、1ヶ月足らず!本気で暗記しないと間に合わないぞ!!

がんばれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

全国大会応援遠征

平成17年8月9日 朝2:50 ほんとに夜中、スポーツ交流館駐車場集合で、団員、保護者、指導者 合わせて、16人第40回記念全日本少年剣道大会出場の「佐藤智康」の応援に日本武道館へ体育協会のマイクロバスで応援に向かいました。

予定よりも、かなり早く武道館に到着し、余裕を持って、入館できました。

選手の智康、稽古相手の、弟大希とみんなで記念写真を撮ったり。

試合は、予選リーグを接戦の末、突破し決勝トーナメントへ

熊本県 城西校区少年剣道部の坂本君に出コテ、面を決められ、惜しくも敗退。

しかし、応援に行ったみんなに大きな感動を与えるいい試合でした。

また、昨年東京に引っ越していった、『伊藤星恵良、星詩瑠』姉妹がお母さんといっしょに応援にかけつけてくださいました。

決勝戦まで、観戦しいろいろ勉強させていただき、帰路に着きました。帰り運転手のちょっとした遠回りで、1時間ほど遅くなりましたが、無事富岡に帰ってまいりました。

現地へ応援頂いた、小林卓司先生、佐藤吉雄先生 ありがとうございました。

マイフォトに応援遠征写真を添付します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

次のステップヘ

 今日の稽古はちょっと違う。(゚o゚)

先日、勉先生が審判に行ってきたスポ少県大会で、船引武徳館道場の強さに、わが富少剣も、稽古内容を見直してみたい。とのことで、本日早速、最初と最後に正しい基本稽古、そして中間に指導者も一緒に地稽古を実施した。

今後は子供たちが自分で考え、技を出す機会をつくるために、『地稽古に重点をおいていく』

しばらく子供たちの成長を見守りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

福中剣 合宿

夏の暑い中、伊東先生、大河内先生、佐藤さとみ先生率いる「福島中央剣友会」の皆さんが、わが富岡町に合宿遠征稽古に訪れました。

武道館に着く前に、道徳道場に立ち寄り さとみ先生の中学時代の写真等を団員、保護者で見学してから、武道館で稽古を実施しました。

最初に、荒井 陸君の歓迎の言葉、そして福中剣の 南君の挨拶後、稽古開始。

暑い中、柔道場の畳も片付けた広い武道館で、『切返し』 『面打ち』 追い込み!!

休憩をはさんで、先生方に『打ち込み』 『地稽古』  最後に『対抗試合稽古』

みんなよくがんばりました。

稽古終了後は、グリーンフィールドにて楽しくバーベキューをしました。

福中剣保護者の皆様には差し入れのドリンク、お土産、夜の花火や、くじ引きの景品まで準備していただきました。子供たちに楽しい思い出をいただきありがとうございました。m(_ _)m      楽しい合宿状況はマイフォトに掲載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »