« 第21回浪江町剣道スポーツ少年団剣道錬成大会 | トップページ | 関東少年剣道大会 »

2011年2月14日 (月)

いばらき少年剣友会創立30周年記念剣道大会

平成23年2月12日(日)茨城県ひたちなか市総合運動公園(体育館)で開催された、いばらき少年剣友会創立30周年記念剣道大会に参加してきました。
参加チームは北海道から九州まで全国各地より、いば剣さんと交流のある強豪道場が集結し優勝が争われました。チーム編成が低学年1、高学年2、中学生2、一般(大学生可)2の7人制で、それぞれの年代の日本一もしくはそれに近い成績の人、全日本出場者などがたくさん出場されていました。
富剣からは

監督:小林卓司
先鋒:佐藤直哉(四年生)
次鋒:坂本一真(六年生)
五将:倉嶋倫子(六年生)
中堅:髙木真由(二年生)
三将:佐藤大希(二年生)
副将:佐藤啓憲(39)
大将:小林卓司(40)
で出場しました。

前日より、降った雪で慣れない雪道の心配はありましたが、出発時間を30分早めゆっくり走り無事に到着しました。プログラムを見ると、予想どおり一般の出場者は大学生や20代のバリバリ選手がほとんどで…
剣も声はかけたのですが…
みんな都合がつかず…
おじさん2人が出場となりました。子供達には、勝っても負けても前で勝負を決めてくるようにだけ指示を出し、監督を前日の祝賀会より出席していた勉先生にお願いして試合に臨みました。勉先生からは、試合を楽しめとの指示!

試合結果
1回戦は、地元いばらき少年剣友会Dチームとの対戦。
子供達がしっかり指示を聞き前で勝ちを決めてくれたので4勝2敗1分で勝利。

2回戦は、芳明館(茨城)との対戦。
今回も子供達がしっかり指示を聞いて前で負けを決めてくれ2勝4敗1分で敗退。
残念ながら二回戦敗退となりました。

前にも書きましたが、強豪道場、強豪選手がたくさん参加していたので、選手、指導者とも大変勉強になり見るのも楽しい大会でした。

大会結果
優 勝 東松道場(東京)
準優勝 結城尚武館(茨城)
第3位 いばらき少年剣友会A(茨城)

 大会にはスペシャルゲストとして、警視庁の西川先生、内村選手、高橋選手、神奈川県警の高鍋選手、正代選手が参加し、公開演武で切り返しや基本打ち、互角稽古を披露してくれました。現役バリバリで日本の剣道界のトップ選手を間近に見て、子供達の目は釘付けでした。また、演武後は4選手のサイン会も行われました。もちろん子供達はもらいに行きましたが、長蛇の列で途中、試合の開始がせまってきたのでお母さん達に変わってもらい対応したため、直接サインをもらうことはできませんでした。
残念…
しかし…変わりに直接サインをいただいてきたお母さん達は妙に満足気でした!!!
試合後、勉先生から「師弟同行についてのお話をいただき、団員と指導者が一緒にチームを組んで出る。素晴らしいことだ。」とお話をいただきました。

大会終了後は勉先生、大塚先生、啓憲先生、中学生は13日に行われる浪江の大会参加に向けて帰町、卓司、坂本先生、小学生は13日の関東大会に参加するため、結城市へ移動しました。

最後になりましたが、雨谷先生はじめいばらき少年剣友会関係の皆様、創立30周年おめでとうございました。近県で今回のような大きな素晴らしい大会を開催していただいたことありがとうございました。大変お疲れ様でした。
また、ご招待いただき、本大会に参加できたことに感謝申し上げます。

« 第21回浪江町剣道スポーツ少年団剣道錬成大会 | トップページ | 関東少年剣道大会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108455/50871257

この記事へのトラックバック一覧です: いばらき少年剣友会創立30周年記念剣道大会:

« 第21回浪江町剣道スポーツ少年団剣道錬成大会 | トップページ | 関東少年剣道大会 »