« 福島県中学校総合体育大会 | トップページ | スポ少 県大会 3連覇 »

2009年7月29日 (水)

第44回全日本少年県道練成大会

7月28日(小学生の部)29日(中学生の部)に

日本武道館で開催された第44回全日本少年県道練成大会に参加してきました。

小学生は27日(月)に出発し、高速バスで東京へ!常宿となりつつある本郷の鳳明館さんにお昼前に到着しました。

その後、小学生は予定していたとおり後楽園へ飛び出していきました。

道中「昼飯なんにする?」の問いかけに4年生の慧士郎が「冷たいそば」と一人だけが意思表示したのでそばを食べることに!すぐに偶然会った立ち食いそば屋さんに入り、子供達は全員ざるそばを、指導者、保護者はそれぞれトッピングを付けたり、丼ものセットにしたりしておいしくいただきました。

安くておいしい昼食でした。

その後待ちに待った後楽園へ行き、パスポートを買ってもらい17:30までの自由時間となりました。

Photo002

様子を見ているとせっかく買ったパスポートを使わずゲームをやっている者や

なかなか乗り物に乗らない者が多く、

見るに見かね半ば強制的にいくつかの乗り物に乗せると、

スイッチが入ったのか、火がついたのか、勢いに乗ったのか乗り物に乗りまくりでした。

Photo003

堅太と倫子はジェットコースター系NGでしたが… 今度は絶対乗せてやるby卓司!

今年も全国大会に出場できたおかげで楽しい思い出作りもできました。

28日いよいよ試合当日です。

お母さん達が早起きして武道館の席を取ってくれたおかげで選手は比較的ゆっくりできました。

毎回ありがとうございます。感謝です。

選手は県予選のときと同じで、

先鋒:坂本一真、次鋒:原慧士郎、中堅:渡辺菜緒、副将:倉嶋倫子、大将:堀川堅太、補員:佐藤愛実、監督:小林卓司で望みました。

あこがれの日本武道館での1回戦は千葉の大森剣友会と全国大会の雰囲気に飲まれた選手はびっくりするほどガッチガチに、ぎりぎり勝ち残り2回戦へ進出しました。

2回戦は1試合消化したことで落ち着いたのかほぼ本来の動きに戻り大阪のチームを5-0で破り、

勢いに乗ると3回戦も勝利し4回戦へ!

組み合わせからすると此処が山場です。

茨城の強豪結城尚武館と福岡の前年度3位の桜丘剣道スポーツ少年団の勝者との対戦です。本数差で桜丘が勝ち

いよいよ4回戦富剣VS桜丘です。

先鋒:攻めきれない場面が多く居着いたところへ相手の面が決まり1本負け

次鋒:流れの中で合い小手面を2連発2本勝ち此処で逆転

中堅:引き面をきめて1本勝ちリードを広げ先にリーチをかけました。

副将:監督から前の試合小手をねらうことが多かった相手に、小手面を主にして行くようにアドバイス!タイミングの良い合い小手面で惜しい場面がなんどかありましたが唯一面に飛んだところに相手の出小手が決まり1本負け

大将:此処まで2勝2敗本数1本リード、無理はしなくていいから大将の仕事をしっかりしてくるように話し送り出しました。結果は先に抜き胴を決められてしまい、その後取り戻そうと必死に攻めましたが残念ながら負けてしまいました。

   最後の最後で逆転されてしまいました。

結果は昨年に引き続きコート3位でした。

その後相手の桜丘さんはどんどん勝ちあがり全国で3位になりました。

今回の試合も1勝、1本の大切さを痛感させられました。

Photo001

でも全国で3位になったチームとギリギリの勝負ができたのですから、そこは自信を持って今後の稽古に取り組んで欲しいと思います。

とは言え指導者は子供達を勝たせられなかったことが悔しくて悔しくてその日の夜は寝るまでこの話題でした…

 この日出発してきた中学生と帰る小学生を見送りながら上野駅で合流し

夕食の毎年恒例焼き肉食べ放題へ!のはずでしたが店が無くなってました…

急遽アメ横で勉先生の知っていたすしの食べ放題へ行きました。

食欲旺盛な中学生達にとって食べ放題にはかわりありません。

たくさん食べて明日の試合に向けての英気を養いました。

※啓憲先生暑い中の審判お疲れ様でした。

 

29日中学生の部この日は颯太郎の保護者と洸亮が鹿島を0時に出発し応援がてら席取りも申し出てくれお願いすることに、またまた選手は余裕で武道館へ行けました。

ありがとうございました。

また、富剣からの出場はありませんでしたが個人戦もあり小学生、中学生の日本一が決まりました。

小学生は神奈川の伊藤選手、中学生は宮崎の上原選手がそれぞれの部で日本一に輝きました。

 

試合の方は、中学生もオーダーは県大会優勝のときと同じ

先鋒:佐藤智康、次鋒:佐藤大希、中堅:佐藤颯太郎、副将:荒井陸、大将:高木光太郎、補員:原聡太郎、監督:佐藤啓憲先生で望みました。

1回戦、愛媛の春風館と対戦、先鋒が勝ち波に乗るかと思われましたが残念ながら次鋒から大将までが敗れ1回戦敗退となってしまいました。

全国の強豪が集まる全国大会ですので1つ勝のが難しいこともありますが、かなり悔しい結果となってしまいました。

(詳しい内容はちょうど審判と重なり見れませんでした。by卓司)

その後電車の時間が許す6時頃まで(準々決勝まで)見取り稽古をしてきました。

上位に残っていたチームとの竹刀の振りの早さや打ちの強さ、攻めの厳しさなど自分たちとの差を痛感してきました。指導者も大変勉強になる良い試合がたくさんで準決勝、決勝が見たくて後ろ髪を引かれる思いで武道館を後にしました。

選手の皆さん、保護者の皆さんお疲れまでした。

また、28日当日日帰りで応援に駆けつけてくれた堀川先生、坂本先生ありがとうございました。

亮輔先生みんなの防具を車で運んでくれてありがとうございました&全国大会初審判お疲れ様でした。

武道館に応援にくださった伊藤さん、OBの千代香さん、弘毅くんありがとうございました。

8月以降も毎週試合が続きます。体調を万全にして良い成績が残せるようみんなで心を一つにして和を持ち頑張って行きましょう!!先生達も頑張るぞ~!!!!!

詳しい大会結果は

全日本剣道連盟

http://www.kendo.or.jp/competition/support/doren_44.html

いちに会掲示板

http://ichinikai.com/forum/room2/read.cgi?no=667

« 福島県中学校総合体育大会 | トップページ | スポ少 県大会 3連覇 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第44回全日本少年県道練成大会:

« 福島県中学校総合体育大会 | トップページ | スポ少 県大会 3連覇 »