« 道場対抗女子個人結果 | トップページ | 福島県中学校総合体育大会 »

2009年7月 5日 (日)

第34回境町近県少年剣道大会

平成21年7月5日 茨城県境町において

上記大会が、茨城県近県の118道場、264チームが参加の下、低学年、高学年、中学男子、女子の4部門に分かれ開催されました。

富少剣は、今年初めて参加をさせていただき、上記4部門に1チームづつ出場。

出場道場は、
名だたる道場が・・・各ブロックに・・・大会前に境剣友会のホームページに公開された組み合わせを見てびっくり。 レベルの高い関東の大会に最善を尽くせるように前日の稽古も行い大会当日。 富岡5:00出発・・・境は遠かった。少し速めの運転で到着、若干のウォーミングアップ後、開会式。

雨は降らなかったものの、7月関東の暑さの中試合開始。

体育館では、低学年予選、武道館では中学女子予選が行われました。

富少剣低学年は、

先 佐藤直哉
中 高木将吾
大 原慧士郎 の3人制

予選を勝ち上がり3連続試合。昨年度優勝チーム館林戦を前に休憩を入れていただき、水分補給。
気を引き締め、館林戦を勝利し、準々決勝、茨城 芳明館に勝利し準決勝進出。 以後の試合は、他部門の準々決勝終了後。と言うことで、しばし休憩・・・(約4時間後かな) 準決勝で境剣友会を破り、決勝戦。
決勝戦は 萌木剣道教室(東京)との対戦 1勝1敗 本数2-3で迎えた大将戦。先に原が先取したものの、取り返され・・引き分ければ本数負け・・しかし原の気力で2本取り、優勝できました。

Photo002_2

高学年は

先 坂本一真
次 倉嶋倫子
中 渡辺菜緒
副 佐藤愛実
大 堀川堅太 で出場

予選を2勝で勝ち上がり、小山警察道場、柏武道館を破り、準々決勝

対戦相手は、東京 昭島中央剣友会 先鋒、次鋒と勝利し中堅、副将が引き分け勝利。
準決勝は日立電線日高道場を接戦で破り、決勝戦。 

決勝は 東松舘道場
先鋒が、相小手面と出小手2本負け、
次鋒 相小手からの面を決めるも、時間間際に取り返され引き分け。 
中堅 惜しい引き面も決まらず引き分け。
副将 開始早々に出小手が決まり、相手が打ちに来たところを面返し面が決まり2本勝ち。
大将 勝ち数本数五分で迎えた大将戦。 互いに惜しい技の対戦が続きましたが、終了間際、東松舘大将の小手返し面が決まり、残り時間を堀川攻めましたがそのまま1本負け。
残念、準優勝

Photo003

中学生男子

先 佐藤智康
次 原聡太郎
中 佐藤颯太郎
副 荒井 陸
大 高木光太郎 で出場

予選を2勝し境第2中学校に勝利。 準々決勝で下妻剣道教室との対戦。

先鋒が勝利したものの、中盤の流れを相手につかまれ、大将までつなぐことができず惜敗。ベスト8敢闘賞入賞

Photo001_3

中学女子

先 猪狩亜季
中 佐藤愛恵
大 工藤美紗 の3人制

予選リーグ 2戦しましたが、残念2敗。気力、体力、そして反省したことを繰り返さない努力が課題です。

Photo004 

暑い中での大会でしたが、多くの参加チームを順次試合進行された大会事務局の皆様に感謝しております。また、今回大会への参加案内をいただきました赤荻先生をはじめ関係各位に御礼申し上げます。

今回の結果をバネに、月末の全国大会、また県のスポ少大会で良い結果を出せるように頑張りたいと思います。

以下大会結果

 小学生低学年の部
  優 勝:富岡町少年剣道団
  準優勝:萌木剣道教室
  三 位:境剣友会・至誠舘朝日道場雅剣志会
  敢闘賞:昭島中央剣友会 (財)勝田若葉会
       芳明館   いばらき少年剣友会

小学生高学年の部
  優 勝:東松舘道場
  準優勝:富岡町少年剣道団
  三 位:結城尚武館・日立電線日高道場
  敢闘賞:萌木剣道教室    昭島中央剣友会
       境剣友会    蔵の街剣志会

中学生男子の部
  優 勝:東松舘道場
  準優勝:勝田若葉会
  三 位:猿島中学校・下妻剣道教室
  敢闘賞:富岡町少年剣道団 北本剣士会
      蔵の街剣志会  解脱錬心館


 中学生女子の部
  優 勝:下館南中学校
  準優勝:総和中学校
  三 位:桶川剣友会・猿島中学校
  敢闘賞:下館西中学校 久里浜剣友会
      (財)勝田若葉会 結城武道館

 

« 道場対抗女子個人結果 | トップページ | 福島県中学校総合体育大会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第34回境町近県少年剣道大会:

« 道場対抗女子個人結果 | トップページ | 福島県中学校総合体育大会 »