« 朝日町長杯・牡丹杯 ダブル優勝d=(^o^)=b  | トップページ | 第27回剣榮旗争奪東日本少年剣道大会 »

2008年5月11日 (日)

第23回左沢杯争奪中学校春季剣道練成大会

平成20年5月11日 山形県左沢高校体育館武道館において
「第23回左沢杯争奪中学校春季剣道練成大会」が近県中学校を中心に
男子78チーム、女子63チーム参加の元、開催されました。

朝5時に富岡を出発する際に、勉先生より「この大会の左沢高校には、富少剣の先輩も3人入学し、剣道部で活躍した高校で、鎌田暖代先輩はこの高校でインターハイのチャンピオンになった。」 また、「今の富少剣の中学校のチームは上位入賞を目指すのではなく、この大会で多くを学ぶ試合をしてきなさい」とのお話をいただき出発しました。

Photo001

富少剣女子団体はリーグ戦 一戦目鶴岡第三中学校に1勝1敗3引き分け本数も同数にて引き分け。 二戦目は、山形大学附属中学校との対戦。2勝3敗  残念リーグ突破ならず。

男子団体はリーグ戦にて 酒田第三中学校と尾花沢中学校を破り、決勝トーナメント進出。トーナメント一回戦 信陵中学校(福島)との対戦。3勝2敗で下し、
二回戦は、高森中学校(宮城)を2勝1敗2分 で破り、準々決勝進出。
山形大学附属中学校との対戦。先鋒が粘り1本勝ちを収め、期待を膨らませましたが、さすがに準々決勝。後4人はとらせてもらえず、1勝4敗。 ベスト8 しかし1,2年生中心のチームで健闘しました。
Photo012

試合の合間に、女子チームは、武道館に掲げられている「左沢高校の教え」を目にし、驚きと、感動をしてきました。特に
Photo002
Photo003

・・・・・・・先輩方も、やってきたのかな・・・・
また、部員全員が、自分の目標信念を掲げ、自分の課題に向かって進む姿に驚きました。

部内で勝ち抜き、レギュラーになり、県優勝、東北一、そして全国優勝するチームの姿、部員の剣道に懸ける意気込みを感じました。

今回、左沢高校剣道部の姿、道場をみて、参加した団員や保護者が多くを学びこれからに活かしていってくれることを期待します。

以下 大会結果
男子の部 78チーム参加
 優  勝 幕張本郷中学校(千葉) 2年連続2回目
 準優勝 遊佐中学校(山形)
 第3位  山形大学付属中学校(山形)、中央台南中学校(福島)
 敢闘賞 真武館(山形)、秋田北中学校(秋田)
       天童第四中学校(山形)、富岡町少年剣道(福島)
 最優秀選手 図末悠介(千葉・幕張本郷中)
 優秀選手   菅原 拓(山形・遊佐中)、坂本大樹(福島・中央台南中)
          佐藤 全(山形・山大附属中)
女子の部 63チーム参加
 優  勝 燕中学校(新潟) 初優勝
 準優勝 朝日中学校(山形)
 第3位  遊佐中学校(山形)、立川中学校(山形)
 敢闘賞 平第一中学校(福島)、楢葉中学校(福島)
       山形第四中学校(山形)、船引中学校(福島)
 最優秀選手 五十嵐 蕗(新潟・燕中)
 優秀選手   白田瑠璃(山形・朝日中)、本間 茜(山形・遊佐中)
          齋藤幸奈(山形・立川中)

« 朝日町長杯・牡丹杯 ダブル優勝d=(^o^)=b  | トップページ | 第27回剣榮旗争奪東日本少年剣道大会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第23回左沢杯争奪中学校春季剣道練成大会:

« 朝日町長杯・牡丹杯 ダブル優勝d=(^o^)=b  | トップページ | 第27回剣榮旗争奪東日本少年剣道大会 »